三日坊主が自己成長のため日々がんばるブログ

三日坊主の悪あがき

マインド

早起きできない人必見。無理せず早起きができるおすすめの方法8選!

私は毎朝6時半には起床して、副業したり、ジムへ行ったりと充実した毎日を送っています。

『朝を制する者は1日を制する』と考えていますので、毎朝意識的に早起きするように心がけています。

この記事にたどり着いたあなたは、もしかすると早起きが苦手なのかもしれませんね。

でも大丈夫です!この記事を読んで実践さえしていただければきっと克服できるでしょう!

ぜひ最後までご覧ください!

こんな方におすすめ

  • 朝起きるのが苦手

早起きできる8つ方法!

 

朝早く起きるための方法を8つ紹介していきます。

自分自身の生活を見直してながら、できることから試してください。

前日に早く寝る

朝早く起きるためにはまず前日の過ごし方が肝心です。

睡眠時間を確保できるよう起きたい時間から逆算して7時間前には寝るように心がけましょう!

深酒はしない

晩酌が日課になっているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

お酒を飲みすぎて眠りにつくとアルコールを分解するために体が活動状態になり深く眠れず休まりません

またトイレも近くなるため、せっかく眠りについてもトイレに行くためにたびたび起きてしまいます。

できれば「量を減らす」もしくは「飲まない」ことをおすすめします。

湯船に入って温まる

私たちの体は「体温が低下するときに眠気が強くなる」ようにできています。

そのため質の良い睡眠と取るためにお風呂に入り体温を上昇させましょう。

お風呂から上がってから1時間後に体温が下がり始めるそうなのでその時がベストな就寝タイムです

もしシャワーしかない場合は就寝する30分程度前に浴びるのがおすすめです。

ベッドでスマホは見ない

スマホの画面にはブルーライトと呼ばれる強い光が採用されています。

ですから就寝前にスマホをいじってしまうと「脳が昼間だと錯覚してしまい、覚醒した状態」になってしまいます。

そのような状態が続くと睡眠障害の原因にもなりかねません。

できるだけ寝室にはスマホを持ち込まないようにしましょう。

カーテンを開けて寝る

カーテンを開けて寝ることで、日の光が入り起きやすい状態を作れます。

これは人の体は日光を浴びると「メラトニン」という睡眠ホルモンの分泌が抑制されるようにできているからです。

日光をうまく取り入れ目覚めの良い朝を手に入れましょう。

起きたらすぐに立ち上がる

起きられない原因はベッドに居続けられる状況を作ってしまっているからです。

ですから、起きたらすぐに立ち上がるように工夫してみましょう

たとえば、目覚まし時計をベッドから手の届かない場所に置くのは有効な手段です!

体を動かす

立ち上がることができたら、そのままその場で大きく背伸びと深呼吸をしてください。

深呼吸すると大量の酸素を脳に供給できるため脳が活発化して眠気が吹き飛びます

そのあとストレッチやラジオ体操で軽くでよいので体を動かせばバッチリです!

シャワーを浴びる

以前の記事で紹介した「学びを結果に変えるアウトプット大全」の著者である精神科医の樺沢先生もおすすめしているのがこの方法です。

朝にシャワーを浴びると「体温心拍数」が上昇するため、体にスイッチが入り目が覚めやすくなります。

ココがポイント

早起きのためできることにチャレンジしてみる

早起きのメリット

早起きしたい理由は、仕事、育児、お弁当作り、副業、運動などさまざまだと思います。

ご存じの通り日本には『早起きは三文の徳』ということわざがあり、本来の目的以外にもメリットがあります。

自分の時間を確保でき集中できる

誰もまだ起きていない時間に起きると自分の作業やしたいこと集中できます

周りから邪魔されることなく有意義な時間を過ごせるため効率化も図れますし、精神的にゆとりや余裕が生まれやすくなります。

生活のリズムが安定する

早起きするためには規則正しい生活習慣を心がける必要があります。

したがって自然と生活のリズムが安定するようになります。

早起きにはほかにも、ストレスを感じにくくなったり、快便になる、肌の調子がよくなるなどいいことばかりです!

満員電車を避けられる

早起きすれば周りの人と生活のリズムを少し変えることができます。

そのためラッシュアワーよりも前に通勤することが可能にもなり、肉体的・精神的な消耗を減らすことができます。

ココがポイント

早起きのメリットは三文どころのではない!

早起きは長期的に取り組もう

私も以前は二度寝することもしばしばありましたし早起きが苦手でした。

正直なことを言うと、これまで紹介してきた方法を試してもすぐに早起きできるようにならないです。。。

失敗しても気にしない

習慣化できるまで起きられない日もたくさんあると思いますが、気にせず続けましょう!

あきらめず続けさえすれば、体も慣れてきますしリズムが整ってくるのでだんだんと起きられるようになります。

早起きは習慣で変えるためには時間がかかることを理解して気長に取り組んでいきましょう

最後に

『朝を制する者は1日を制します』本日2回目!

私は朝早起きを始めて毎日が楽しくなりましたし多くの時間を手に入れることもできました。

ですからこのブログを最後まで読んでいただけたみなさんにもぜひこの気持ちを手に入れてほしいです。

充実した毎日を送るためにともにがんばりましょう!

本日も読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
アバター

カーズオカ

こんにちは。 【年齢】:30代 【住まい】:九州 【性別】:男性 【性質】:三日坊主 【趣味】:休日午前中の筋トレ、副業、料理すること 【うまくなりたいこと】:料理、ゴルフ、釣り、副業、ライティング 【将来の夢】:①地元でビジネスを興すこと ②たくさんの幸せに触れること ③鴨頭大先生に会いに行くこと④お金・時間の制限を受けずに、筋トレ、ゴルフ、釣り、読書、旅行の無限ループに入ること ⑤たくさんの感謝を伝えること 【一言】日々挑戦!失敗は挑戦した証!日々好きな自分・目指す目標のためにがんばっていきますので、お時間があればお付き合いください♪ 最後までご覧いただきありがとうございます!

-マインド

Copyright© 三日坊主の悪あがき , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.