三日坊主が自己成長のため日々がんばるブログ

三日坊主の悪あがき

マインド

三日坊主は失敗を気にしない?

朝からブログをアップしたかったのですが、寝坊する『大失敗』をやらかした三日坊主です。

毎日起床してからの1時間を「ブログに充てる時間」として決めているのですが、今朝は疲れていたのでしょう。出勤時間ギリギリに起きてしまいました。。。

今日は寝坊という『失敗』に託けて、最近自分の中で変わってきた『失敗』に対する意識について書いていきます。

なにかにチャレンジしたいけど、「失敗が怖い」「失敗することが嫌だ」「失敗が恥ずかしい」という方に是非見ていただきたいです。

結論:たくさんの失敗をしよう!

失敗に対するイメージの変化

私は以前に比べて「失敗への抵抗感」がなくなってきました。

新しいことを始めるときも「失敗してもいいや」くらいの感じで取組めるようになってきています。

みなさんはいかがですか?毎日たくさん「失敗」できていますか??

失敗は怖いもの

でも「失敗」と聞くだけで、なんだか心がソワソワしますよね・・・

一般的に失敗のイメージって「かっこわるい」、「気分が落ちる」、「はずかしい」などマイナスものが多いです。

私も一緒でした。

だから、できるだけ『失敗』しないように基本毎日同じことの繰り返し。。。

失敗ってそんなにわるいこと?

でも、少し考えてみましょう。

今まで新しいことに挑戦して最初からできた経験ってありますか?もしくはまわりにそんな人いましたか?

答えは「NO」ですよね!

昔を思い出してみよう

みなさん幼少時に自転車に乗るため練習しましたよね。その頃を思い出してください。

最初は転んでばかりだったのではないですか?

でも「絶対に自転車に乗りたい!」という気持ちから、どうしたら転ばないのかを繰り返し挑戦することで知ったんですよね。そしていつの間にか乗れるようになったのではないですか?

これって大人になってする挑戦と本質的になにか変わるんでしょうかね?

現在の「○○してみない!」「××できたら楽しそう!」が幼少期の「自転車に乗りたい!」と一緒なのではないですか?

最初の一歩を踏み出そう

なんだか少しだけ出来そうな気がしてきませんか?

自転車の練習を例にすると、最初はたくさん転ぶ(=失敗する)と思います。でも、それがだんだん3m・・・5m・・・10m・・・となり。最後は補助もなくスイスイと一人でペダルをこぎ出し、風を切って自由に乗りこなせる日がくるのではないでしょうか。

どんなことも最初からできることなんてありません。失敗したということは「新しいことにチャレンジした証」。それだけですばらしいことです!

さあ今すぐはじめよう!たくさん失敗しましょう!

最後に

いかがでしたか?

皆さんの『失敗』に対するイメージが少しでも変わったならば私もうれしい気持ちです。

私はこれからもたくさんの夢を語り、実現させるために行動しどんどん失敗していきたいと思います。

最近心に響いた言葉を皆さんに送ります。

「停滞は死滅である」 

早稲田大学の創始者である大隈重信の言葉です。

本日も読んでいただきありがとうございます。

  • この記事を書いた人
アバター

カーズオカ

こんにちは。 【年齢】:30代 【住まい】:九州 【性別】:男性 【性質】:三日坊主 【趣味】:休日午前中の筋トレ、副業、料理すること 【うまくなりたいこと】:料理、ゴルフ、釣り、副業、ライティング 【将来の夢】:①地元でビジネスを興すこと ②たくさんの幸せに触れること ③鴨頭大先生に会いに行くこと④お金・時間の制限を受けずに、筋トレ、ゴルフ、釣り、読書、旅行の無限ループに入ること ⑤たくさんの感謝を伝えること 【一言】日々挑戦!失敗は挑戦した証!日々好きな自分・目指す目標のためにがんばっていきますので、お時間があればお付き合いください♪ 最後までご覧いただきありがとうございます!

-マインド

Copyright© 三日坊主の悪あがき , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.